2020年6月

6月30日

朝収穫、べじ太くんに出品したあとパラパラと雨が降り出しましたが午後から本降りの予報のため午前中だけ頑張りました。
①ブル-シ-ト 再利用するマルチなどをしまっておくブル-シ-トが破けたため新しいものニ変えました。
②透明マルチ シ-トを変えるときに結構透明マルチがあるのを発見、耕運して太陽熱消毒の畝にしました。
③白黒マルチ 収穫の終わった畦に白黒マルチ張って、バカの一つ覚え見たいにリ-フレタスの種をまき寒冷紗べたがけです。

6月29日

梅雨の間の貴重な晴れの日、あっという間に伸びてる草刈りにいそしみました。緑肥を撒いたところは雑草の生え方が少ないです。
実験君 冬のトンネルに使った透明マルチを花の咲いてしまった春菊の畝などにかぶせてみました。早く枯れたらそのまま密着して太陽光消毒にします。育ったものをそのまま土に返すのでミネラルバランスも崩れないとの仮説です。

6月28日

朝から強い雨が降り続き、べじた君に出品して九条ネギを苗床に蒔いて今日の作業は終わり、ほぼ休日の1日でした。
①週別プラン 1週間のラフな計画を作ってスケジュ-ル管理してます。この通りには行きませんがこの週にやることは頭に入ります。
②頭に肥料 5分読むと眠たくなる難解な本でしたが何とか読了しました。

6月27日

蒸し暑い1日。太陽がちょっと顔出すと汗も流れ落ちます。
①ジャガイモ収穫終了 そうか病にもえん麦は良いみたいなので、ジャガイモの畝耕運しえん麦とヘアリ-ベッチまきました。
②リ-フレタス 寒冷紗のトンネルで育ててもアブラムシが付いてしまう畦とつかない畝があります。着いた畝はあきらめて太陽光消毒です。
③リ-フレタス2 白黒マルチに今日も播種、先週蒔いたところは芽を出してきました。

6月26日

朝は肌寒いぐらいでしたがしっかり真夏日になりました。
①ミニト-ガン試し採り 直売所ではあまり重いものは好まれないので今年はミニサイズの冬瓜作っています。いい感じです。
②白黒マルチ 今日はほうれん草リーフレタスの種まき、先週蒔いたリ-フレタスは芽を出しはじめました。
③風を通す キュウリの畝のコンパニオンを刈り取ってすっきり
 させました。

6月25日

朝から雨、すぐに割れてしまうミニトマトとすぐ大きくなるキュウリ収穫して今日の畑はお休みにしました。
①モンシロチョウ ハウスで見つけたモンシロチョウ、はぐら瓜の受粉してくれと祈りました。キャベツの周りを飛んでるときは追い払ってたのに人間って勝手なものです。
②かぼす 去年は裏年だったカボスはここまで順調です。

6月24日

雑草は元気です。5日にハンマ-ナイフで緑肥を刈り取った東の畑は雑草まみれです。今月2回目のハンマ-ナイフですっきりさせました。
①白黒マルチ 今日も空いた場所に白黒マルチで畝作り、リ-フレタスと九条ネギのタネを蒔いてみました。
②ミニトマト 露地、屋根なしで作ってると雨でどんどん割れてしまいます。特に黄色いミニトマトは雨に弱いです。

6月23日

早朝雨が一時上がったのでジャガイモ、コリンキ-収穫してべじ太くんに出品しました。
①今日の失敗 先週蒔いた人参の畝、ジャガイモあとマルチ外した畦は雑草まみれ、種取大根のあとの畝は人参でなく大根が芽を出してました。やっぱり太陽熱消毒しないとダメみたいです。
②べじ太くん運営委員会 午後から月に1度の役員会、私は書記
担当です。帰ってから会員の皆さんに配布するペ-パ-つくりました。

6月22日

天気予報通り、8時前から雨の1日になりました。FBの友人が
「草むしりはしゃがむ禅である」と教えてくれたので雨が降り出すまでひたすら草むしり、確かに頭がすっきりしました。
1枚目の写真のスベリヒユは抜かないで残しても良い草です。アブラムシをそこに集めてくれて土の感想も防いでくれます。

6月21日

午前中は曇り、午後は降ったりやんだりの1日です。
暑さに弱いリ-フレタス、一度は秋までお休みと決めたのですが、最後のチャレンジとして白黒マルチでやることにしました。
育苗中のものは寒冷紗のトンネル、播種したところは間引きまで寒冷紗や防虫ネットをべたがけしました。

6月20日

朝から良い天気、それほど気温も上がらず畑日和でした。
①らっきょう 秋の上使う種らっきょを収穫、天日で干した後納屋の暗い場所にしまいました。
②ニンジン播種 生でもジュ-スでも行ける品種を種まき。先週蒔いた畝は雑草に負けそうになってるので少し不安。
③リ-フレタス撤収 朝最後の収穫後防虫ネット外して雑草まみれになった畦を耕運。明日以降白黒マルチの畝立てます。

6月19日

朝から雨の1日、畑はお休みです。ハウスに定植したはぐら瓜とスイカは元気です。露地に定植したものよりやっぱり成長は早いです。
①秋冬に向けて そろそろ秋冬の作付け計画に向けてバイブルを読み直してました。去年育苗がうまくいかなかったタマネギと一度も成功しない大根をどうするか?
②白黒マルチ 夏にリ-フレタスできないかな?と考えて白黒マルチと寒冷紗組み合わせたらどうだろうと思い立ち、マルチを発注。

6月18日

朝から曇り空、気温もそんなに上がらず作業日和でした。
①太陽熱消毒 雑草がたくさん生えたところや、防虫ネット掛けても虫が付いてしまった畦を耕運して畦立てなおしてから透明マルチ張りました。秋のり-ふlettuceはこの畦からスタ-トです。
②ナス定植 ポットで育ちの悪かった苗を仮植えしてましたが、程よく大きくなったので定植しました。上手く育ちますように!
③トウモロコシにネット掛け カラスにやられたのがあったので果物ネット掛けました。

6月17日

梅雨がどこかに行ってしまったような日が続きます。
雨のあとの好天続きで雑草もぐんぐん大きくなってます。雑草との闘いが本番です。対策は2つ、
①緑肥で雑草の成長を押さえる。
②透明マルチを敷いて太陽光消毒で秋に向けて雑草が生えなくする。
西の畑で戦いスタ-トです。

6月16日

今日も真夏日、蚊が出てきたので防虫スプレ-かけて早朝畑へ出勤です。ナス、キュウリがすこしですが収穫が始まりました。
①枝豆定植 6月10日にポットに蒔いた枝豆が早くも定植できる状態に。リ-フレタス収穫終わった防虫ネットの畝や、リーフレタス定植してもほとんど育たなかった寒冷紗の畝に定植しました。
②午後は日陰で ニンジンやタマネギの出荷準備作業。日なたは危険です。

6月15日

天気予報は33℃予報、暑くならないうちが勝負です。
①ストチュウ散布 散布してると細かいところが☑できます。コリンキ-順調、トウモロコシも間引きのタイミング、ヤングコ-ンで収穫。
②ミニトマト支柱補強 大きくなってきたのでぐるぐる支柱に補強支柱追加
③シャド-クイ-ン収穫開始 中まで紫色のシャド-クイ-ン。

6月14日

午前中雨が降らなかったので助かりました。雨は野菜にとっても、雑草にとっても恵みです。雑草はあっという間に大きくなります。
①畑を裸にしない。 リ-フレタスの跡地を耕運、枝豆定植の場所以外はいつもの緑肥(えん麦、ヘアリ-ベッチ)の種まきです。
②ライ麦は防風用 台風シ-ズンに向けて蒔いたライ麦はもう目を出しました。麦は強い。

6月13日

今日は未明から雨予報だったので収穫はあきらめてましたが、起きたら雨が降ってなかったのでリ-フレタス収穫、終わったら雨が降り出したのでべじた君に出品した後は本と戯れてました。今ストックしてある未読の本は写真の4冊。梅雨から暑い夏は農家の読書時期、頭を耕す時期です。

6月12日

朝から蒸し暑い1日。曇っていても汗が流れます。
①シャド-クイ-ン試し掘り きたあかりも収穫が終わり、ジャガイモ第3弾はシャド-クイ-ン。まずまずの出来です。
②ニンジン ニンジンは種まき後畑を乾かさないことが大事、昨日種まきしたところに燻炭敷いてタフベル掛けました。
③春菊定植 リ-フレタス全滅した畦に春菊定植。
④きたあかりの後地 マルチはがして耕運、この後またニンジンにするか緑肥にするか思案中。

6月11日

午後から雨予報、梅雨入りも発表されました。雨降る前が勝負です。
①人参手蒔き 昨日種蒔機ごんべいで失敗したので手で人参蒔きました。
②ジャガイモ収穫 ためし掘りでそうか病がでたきたあかりですが、今日収穫したところは大丈夫でした。そうか病は表面だけなのでおいしくいただいてます。
③ナスの管理作業 畝の上の雑草の草取り、支柱での誘引作業。
④スイカ  可愛い実を付けました。

6月10日

強い南風が吹いた真夏のような1日でした。畑はデンジャラスゾ-ンです。
①タマネギ、ニンジン、ジャガイモ収穫。
 一回30分以内に採れる分だけ収穫して作業場に逃げ込みます。
 水と塩飴が必須です。
②ごんべい登場 明日から雨になりそうなので3時過ぎに人参の種まきを急遽実施。700粒蒔きましたがまっすぐに種は落ちないし、土はうまくかからないとさんざんでした。やっぱり手で丁寧に蒔こう。
③ソラマメ種取。 さやも黒く乾いたので種取り出して保管しました。

6月9日

予報通り真夏日になりました。無理は禁物、日の出から午前11時で畑は終了です。
①らっきょう終了。 秋に植え付ける分残して収穫完了。自家用として1kgらっきょう漬けにしました。
②人参種まき準備。 梅雨入りが12日予報なので11日に種まき予定です。久しぶりに種蒔機ごんべいを使う予定なので人参用にセットしました。
③午後はゆったり孫ちんと遊んでます。

6月8日

朝8時ぐらいから晴れ渡り、昼前からは夏の1日でした。
10時の開店に合わせて近くのホ-ムセンタ-に行ったら混雑もなく、ようやく落ち着いてきたようです。
①ミニト-ガン 実をつけだしました。ト-ガンもカボチャも写真のような座布団敷いて守ります。
②リ-フレタス定植終了 先週定植した苗は全滅です。秋までリ-フレタスはお休みです。寒冷紗も防虫ネットも余ってるので、何か植えられるものは?と考え枝豆と春菊のタネを蒔きました。
寒冷紗には春菊、防虫ネットのところには枝豆を植えます。

6月7日

5月のような爽やかな1日、絶好の畑日和でした。
①台風用ライ麦播種 防風用に育ててるライ麦がもう枯れそうになったのでさらに西側に種を蒔きました。
②キュウリ整枝 風投資良くするためにコンパニオンの春菊カットして、キュウリは下のほうの葉をとりました。結構小さなキュウリが隠れてました。
③人参間引き 雨の後なので楽に間引くことができました。間引いた人参の葉はいつものように天ぷらで食べます。

6月6日

今日も蒸し暑い1日。朝収穫、べじ太くんに出品したあと、ジャガイモのきたあかりを2本ためしどりしました。
①そうか病(亀の甲症)発生 1本が表面にそうか病発症。土がアルカリ性に寄ってると発生するらしいので、次回は酸度チェックしっかりしてからうえつけよう。
②失敗したキャベツの畝 同じ時期に植え付けたのに大きくならず虫にやられてしまう畦があります。原因はコンパニオンプランツの刈り取りが遅れ風通しと光合成の邪魔をしてしまったためと思います。ホウレンソウ、春菊は早めに刈り取りです。

6月5日

朝から蒸し暑い1日。朝ストチュウの後は
①ヘアリ-ベッチの成長力 5月14日に刈り込んだフェアリ-ベッチはもうぼうぼう状態、収穫の終わったハンマ-ナイフで刈込。ついでにソラマメとキャベツの残さも粉砕しました。残渣は生えていたところに戻すのが原則です。
②らっきょ収穫 涼しい納屋でできる仕事は?ということでらっきょ収穫して明日べじた君に出品するための調整作業しました。皮むきはもはや修行です。

6月4日

午前中曇ってたので、油断してたらハウスの中は昼前55℃を超えてました。油断大敵です。
①ニンニク畦撤収 売り物になる大きさのものが無くなったので残ったニンニクを引っこ抜き、耕運機かけました。小さなニンニクはストチュウに使います。
②ホ-ムタマネギ 苗が大きくならずソラマメと混植してたタマネギは大きくなりませんでした。引っこ抜いて秋にホ-ムタマネギとして植え付けます。
③ハウス整理 最後に残った赤しそを定植しました。

6月3日

蒸し暑い1日、これからは早朝の時間が大事になってきます。
①キャベツできました。 防虫ネット掛けても虫食いにあって一度もうまくいかなかったキャベツですが、コンパニオンプランツとして春菊やリ-フレタス植えて防虫ネット、寒冷紗かけたら初めてうまくいきました。早速べじ太くんに出品しました。
②マリ-ゴ-ルド ナスのコンパニオンプランツのマリ-ゴ-ルドがきれいに咲きました。種からやった買いがありました。主役のナスの生育が今一つなのが心配です。
③ソラマメ種取 来年に向けて種を残します。このまま日に当ててからが真っ黒になったら種を取り出します。

6月2日

午前中は雲が多くまだ涼しかったので、
①西の畑ハンマ-、耕運。 種取に残してあった大根撤収し、ジャガイモ収穫後のマルチはがしてハンマ-ナイフで雑草刈り取ってから耕運機かけました。この場所は6月下旬に人参蒔きます。
②あきらめが悪い。 連結ポットに種蒔いたリ-フレタスがまだ残ってるので、今日はタマネギ収穫後に定植、虫よけにニンニク置き、寒冷紗でべたがけしてみました。

6月1日

予報では午後から雨でしたが、朝ストチュウ散布終わったころから弱い雨がときより降ってきました。
①ニンニクためしどり 細いの一本引っこ抜いたらいけそうだったので太いのを収穫して明日べじ太くんに出品することにしました。ニンニクのそばに畦を立てたリ-フレタスはアブラムシはほとんどつきませんでした。秋はニンニクを防虫のために混植したいと思います。
②リ-フレタス また定植したのが消えてました。PHかなと思い計測したらちょうど中性だったのでやっぱり時期の問題のようです。

お問い合わせ