2020年3月

3月31日

今日はお稲荷さんのしめ縄を新しくしました。いつもは初午の時に替えるのですが、今年はできなかったのでお彼岸明けの今日やりました。桜と新しいしめ縄はなかなか良いものです。
①ミニトマトの畝立て トマトは割肥と植える場所を50cm以上
 離したしたほうが根張りが良いそうです。いつもの鶏糞(米ぬか)と過リン酸+燻炭です。
②コンパニオンプランツ 春菊とリ-フレタスぱらぱら蒔いておきました。

3月30日

昨日の雪は朝には完全に溶けていました。まずトンネルの修復、幸い野菜の被害はほとんどありませんでした。昨日できなかったパクチ-の種まきのあとは西の畑でかぼちゃとスイカの畝立てました。
①割肥 鶏糞+過リン酸+燻炭の畝と、米ぬか+過リン酸+燻炭
    の2種類やってみました。米ぬかは施肥して一か月ぐら 
    い定植までに必要です。
②黒マルチ 本当はマルチなしでと思ってましたが昨日の雪が頭
      をよぎって思わず張ってしまいました。

3月29日

しっかりと冷たい雨が降っています。ハウスでぬくぬく種まきの計画でしたが、ハウス内も7度、寒いので止めました。
育苗中の苗ご覧ください。1枚目からズッキ-ニ、キュウリ、ナス、トマトです。那須、トマトはまだちっちゃいです。

3月28日

2,3日前の天気予報では今日は朝から雨予報だったので昨日里芋マルチ張り急いで済ませたのですが雨は降りそうにない天気。
朝ハウスに水槍にいったら農耕スイッチが入ってしまいました。
①補植用キャベツの植え付け
 15本余っていた苗を急遽畦作って定植、寒冷紗掛けました。
②リーフレタス定植
 2畝分を定植して防虫ネット掛けました。
③明日の準備
 明日は冷たい雨予報。ハウスでぬくぬく種まきできるよう準備して本日の作業終了!

3月27日

午後から強風予報、明日から天気が崩れそうなので午前中が勝負です。
①里芋の植え付けとマルチ張り
 50cm間隔で深めに穴を開け、埋め込んでから黒マルチで覆いました。種芋が多く別の場所にも植えました。今日は天才ではありませんでした。
②西の畑
 綿を植える予定の場所耕運、大根の間引き、ニンジンの種まきなどをやりました。ここから見えるお稲荷さんの桜も散ってしまううんだろうな。

3月26日

GW中みたいな暖かい1日。花粉症の薬は3日前からやめてますが、大丈夫です。スギ花粉は終わったようです。
今日はナス、オクラ用の畝立てがメイン作業です。
①割肥として鶏糞1kg/m、腐葉土、燻炭投入。
②畝立てのあと下草となる野菜をパラパラ蒔き。
③最後にネギをポツポツと差しておきました。
 週末雨がしっかり降りそうなので水撒きはなしです。

3月25日

風もおさまり、穏やかな畑日和でした。
1・つるなしインゲン定植
 ナスのコンパニオンプランツとして植える予定だったつるなしインゲン、ナスが小さいのに本葉が出たので定植しました。
 過リン酸を条間に100g/1m蒔いて、タフベルで被覆しました。
2・ズッキ-ニの畝作り
 ①割肥として鶏糞、過リン酸、燻炭、油粕を入れる。
 ②春菊をパラパラと畦に蒔く(虫よけ)
 ③玄米アミノ酸を希釈した水やり。

3月24日

今日も強風の1日。こんな日はハウスで種まきです。
①マリ-ゴ-ルド ポットの下20%ぐらいに畑の土を入れ、その上に市販の苗土を入れて種を蒔きました。ポットの水持ちがよくなるかな?と思ってやってみました。
②イタリアンパセリ、春菊、バジル 夏野菜のコンパニオンプランツとして混植予定の種まきです。こちらは連結ポットに蒔きました。

3月23日

朝3時間ぐらい雨が降って、野菜たちには良いお湿りになりました。
①アブラムシがつかないソラマメ
 いつもはこの時期アブラムシに悩まされるソラマメにアブラムシがつかず、きれいな花を咲かせてます。強風続きでアブラムシが飛ばされたか、小さくて余ったタマネギを周りに植えたのが良かったのか?いずれにしてもうれしいです。
②里芋の元肥投入
 5mごとに鶏糞だけ、鶏糞減らしてピ-トモスと燻炭、腐葉土とピ-トモスなどいろんなパタ-ンで元肥入れました。どれが一番育つか試します。

3月22日

暖かい日が続きますが今日も昼間強風となりました。
①カボチャ予定地耕運 植えっぱなしだったネギを引っこ抜いて耕運しました。隣のライ麦が大きくなれば日陰を作ってくれますし、カボチャも防風の役目果たしてくれると思います。
②人参種まき 2畝の種まきをしました。いつものように無肥料、蒔いたらしっかり足で踏んずけてたっぷりの水やり、タフベル掛けました。

3月21日

昼間南風が一時強くなりましたが春爛漫の1日、お稲荷さんの桜も5分咲きぐらいまで来ました。畑日和の1日はいつもの定植、防虫ネット張り、空いた連結ポットへの種まきと穏やかに過ぎていきます。

3月20日

今日も朝から強風、この時期は強風の日が多いらしく、春疾風というそうです。こんな日は風のこない作業場、ハウスで種まき。
①綿の種まき 綿のタネは白い毛でおおわれています。水に浸してからポットに3粒づつ蒔きました。定植はGW前予定です。
②ハウスは育苗花盛り いろんな夏野菜が芽を出してきてます。
③里芋到着 ホ-ムセンタ-の種芋とは大違い、やっぱりちゃんとした業者さんから仕入れるほうが良いと実感です。

3月19日

あたたかな1日でしたが午後から強い南風が吹いてます。
①緑肥のところ耕運 週1回の耕運も3回目、いい感じに枯れてきてます。
②えん麦種まき どうしても土が柔らかくならない場所があります。春の作付けはあきらめて緑肥のえん麦で行くことにしました。
③今日の種まき 風の穏やかな午前中はほうれん草とラディッシュを蒔きました。ほうれん草は畝に草木灰振って、水に漬けた種を植えました。

3月18日

暖かく穏やかな1日。西の畑に種取用に残してある大根の花が咲きました。
①サツマイモ予定地の耕運 緑肥なのになぜか紫いろのヘアリ-ベッチ、畝を作る予定地を耕運してすき込みました。
②バジルの種まき 種袋には4月から種まきと書いてありましたが、暖かさに釣られて連結ポットに種まきしました。
その他いつものリ-フの定植、畝作りと作業が進んだ1日です。

3月17日

遅霜を心配してましたが降りなくてよかったです。風も収まって畑日和の1日でした。
①リ-フレタスの種まき ネットで今まで作っていないリ-フレタスの品種をポチっとして種まきをしました。うちの畑に合うもの探しです。
②畝立て 葉物予定地は腐葉土、バットグアノ、燻炭を量が多すぎないようにすき込んで畦を作っています。足るを知るを心がけてます。

3月16日

天気予報通り、午後から強風が吹きました。風の予報はよく当たります。午前中キャベツの定植をしました。
①根切り虫対策 
 ネキリムシが来ないように全部ではありませんがアクリの筒があったので苗の周りをカバ-してみました。行燈の役目も期待です。
②青虫対策
 1列は寒冷紗、2列目は防虫ネットでモンシロチョウの飛来を
 防ぎます。

3月15日

朝起きて畑見たらまさかの霜柱、暖冬で芽を出していたジャガイモがやばいと思い、急遽ストチュウ散布しました。
ストチュウは漢字で書くと酢糖酎と書きます。焼酎のアルコ-ルパワ-でとりあえず葉についた霜を落としました。あとはジャガイモの生命力に賭けます。リ-フレタスにかけると葉っぱがやられてしまうのはこの冬学んだことなのでこちらは放置です。つきはじめたアブラムシがいなくなってくれること祈ります。

3月13日

今日も穏やかな1日。昨日水に漬けてたごぼうの種まきをしました。最初2列蒔く予定で畝を作っていたのですが、途中から体力無くなって1列幅が半分ぐらいになってしまいました。ところが種蒔いてみると一袋(200粒)ピッタリ! 自分は天才だ!と思いました。あとは定植、畝立てといつもの作業、一輪車のある風景が心を和ませます。

3月12日

今日も良い天気でした。午後からべじ太くんの会議があるので畑は午前中です。
①サラダケ-ルの定植
 初挑戦のサラダケールが芽を出したので、緑肥すき込んだ場所に定植して防虫ネット掛けました。無肥料でやります。
②サラダごぼうの準備
 畝立ては鶏糞を1mあたり1kg、過リン酸100g、根切り虫対策として腐葉土を割肥として入れました。根切り虫は谷餌があれば茎など食べたくないそうなので土の中にいてもらいます。種は水につけて明日蒔きます。

3月11日

9年前の今日はすごく寒かった記憶がありますが、きょうはGW前ぐらいの暖かい1日、ハウスは朝8時で30℃になってました。
①朝収穫スタ-ト 日の出が5時台になったので朝収穫できるようになりました。赤大根もキラキラしてました。
②ジャガイモが芽を出し始めました。 やっぱり今年は早い。
③いろんなものが芽を出してます。 ハウスのズッキ-ニ、畑の大根、ニンジン、ほうれん草etc一気に芽を出してきました。

3月10日

朝からしとしと暖かい雨の1日でした。
こんな日はハウスでぬくぬく作業です。
①インゲン、パセリ、トウモロコシの種まき
 自家製苗土が終わったので市販の苗土を使いました。インゲン、パセリはコンパニオンプランツ、トウモロコシは防風用です。もちろん食べますが。
②ピ-マン、ミニトマト鉢植え
 遅れて芽を出したものを鉢上げしました。
③空いたレンケツポットにはいつものリ-フレタス種まき。

3月9日

暖かい1日。今日は緑肥として植えていたヘアリ-ベッチをハンマ-ナイフで刈り取り、軽く耕運しました。まだ小さかったですが分解まで3週間以上かかるのでやってしまいました。3週間前に刈り取ったところは分解が進んでいい感じになってます(写真4枚目)。

3月8日

朝から雨の1日、べじ太くんに出品したあとはお休みモ-ド。
①やさい畑
 「省エネ菜園塾」という見出しに釣られて久しぶりに買ってみました。今やってることと近いことが書いてあったので安心です。それより参考になったのは害虫のペ-ジ、こんなにわかりやすい説明はビジュアル含めて初めてでした。
②はじめの一歩 もどかしいほどゆっくりと進むこの作品はどこがゴ-ルなんだろうと思いながら新刊が出ると買ってしまいます。

3月7日

朝少し雨が降り、そのあとも曇りの寒い1日でした。
①大根の種取
 西の畑に種取用に大根残しています。今日見たら花芽が出ていました。アブラナ科はほかの種類のアブラナ科の野菜と交雑してしまうので大根だけ残してます。
②リーフレタスにタフベル
 定植したばかりのリ-フレタスは弱いので、べた掛けせずトンネルにしてます。赤大根も芽がでたので間引くまで同じようにトンネルにしました。

3月6日

今日も午前中は風が強い1日でした。去年台風で倒されたあんずの木に花が咲き始めました。植物の生命力ってすごいと思います。
(今日の作業)
①ハウスの換気 9時には30度超えてきてるので換気は必須です。
②緑肥すき込んだところの耕運 1週間に1度のペ-スです。
③リ-フレタスの定植と種まき もはやル-チンです。収穫も少しづつですか始まっています。

3月5日

天気予報が当たり、昼から突風のような風が吹きました。作業は午前中に集中しました。孫ちんが手伝い?に来てくれました。
(キャベツの畝作り)本葉が出てきたので準備しました。
①畝は8mを2本 寒冷紗の長さが10mなので8m畦にしました。
②肥料 畝1本あたり鶏糞4kg、過リン酸0.8kg、燻炭少々
    を割肥としてすき込みました。
③コンパニオンプランツ ほうれん草と春菊をパラパラ蒔き。

3月4日

天気予報通り9時過ぎから雨が降り出しました。こんな日はハウスの仕事です。
①ピ-マン、ミニトマトの鉢上げ 発芽率の悪かったこの2つも双葉が開いたのを10.5cmに鉢上げしました。自家製苗土をポットに入れてからそこを見ずに浸してから植え替えます。
②タフベルトンネル 鉢上げしたばかりの苗はまだ弱いのでハウスの中にタフベルのトンネルをかけて守ります。
③玄米アミノ酸 は、発芽にも良いらしいので今日からハウスの水やりは1000倍に薄めたものを使うことにしました。

3月3日

昨日と打って変わって春本番の1日、畑日和でした。
①ミニトマト追い蒔き 2月頭に蒔いた種の発芽率が悪いので
 アイコを追い蒔きしました。
②新しい野菜にチャレンジ ネットで見つけたサラダ用ケ-ルとルッコラを連結ポットに蒔きました。
③畑を裸にしない。 リ-フレタスの定植は寒冷紗かけ、二十日大根はなにもかけませんでした。明日雨が降ったら軽く腐葉土をかけてみます。
④葉物は無肥料で。 肥料が多いと虫が寄ってくるのでなるべく土に肥料入れないでやろうと思います。栄養は玄米アミノ酸の散布で行きます。

3月2日

雨の1日、のんびりしてました。ハウスはほとんど育苗場になっています。午前中はアマゾンで仕入れてた本を読んでました。我々は今有史以来最も高濃度の二酸化炭素を吸っているそうです。畑を裸にしないことはとても大切なことです。
午後は孫ちんが遊びに来たので楽しい休日となりました。

3月1日

春本番の1日、花粉が飛びまくっていますが絶好の畑日和でした。
①ソラマメ追肥 
過リン酸を追肥しました。アブラムシはまだきてません。
②オクラ、キュウリの種まき
 オクラは自家採種と購入種の2種類、レンガで種に傷をつけてからポットに蒔きました。
③畑を裸にしない
 ナスの予定地で緑肥してない区画にいろんな野菜をバラマキし  ました。ミネラルと微生物のバランスを取ります。
午後はタマネギのところの草刈り、タマネギの近くの草を丁寧に刈り取りました。

3gatu 24niti

お問い合わせ