2019年12月

12月30日

午前中冷たい雨、ハウスの連結ポットに水やりに行くと、落ちた種から生えてきたミニトマトが実を付けていました。今年は余計なことして野菜をダメにしたことが多かったので来年は野菜の生命力を信じた栽培をしたいと思います。大根は相変わらず小さくしかも二股です。

12月29日

今年もたくさんのほんと出合いました。
繰り返し読んでみたいと思ってる本が良い本という視点から今年のベストバイを紹介します。
①無肥料を実現する本
 著者の20年の栽培方法の集大成。自分の目指す農業にとても参考になりました。農閑期の間中繰り返し読んでいきます。
②未来をはじめる。法は誰のために生まれた。
 その道の碩学と呼ばれる第一人者の先生が中高生に行った講義の本。わかりやすく伝えるとはこういうことかと膝を叩いた本
③禅とジブリ
 定年を迎えた節目の年に手に取った本。心が軽くなります。
④哲学と宗教全史
 敬愛する出口さんの本の中でもNO1かなと思う本。知の巨人とはこういう人のことを言うんだなと脱帽。

12月28日

べじ太くんに出品したあと昨日風でやられたびに-るトンネルの修復をしました。今日も昼間風が強くなりましたがしっかり修復したので大丈夫でした。不注意で一回ダメにしたリ-フレタスもそのあとの定植したものが無事に育ってきてます。

12月27日

朝から暖かくニコニコしながら定植、トンネル掛けしてたら11時過ぎから突如強風が吹き始め、ビニ-ルトンネルが次々はがれていきました。最初ははがれたところ修復してたのですが風がさらに強くなったので飛んでってははまずいのではがして作業場に避難させました。明日張り直します。

12月26日

昨日デジカメ壊れたのでネットで安いもの頼んだら今朝もう到着しました。ほんと便利になったものです。
連結ポットの種まき、定植続けてたら寒さで生育がゆっくりのため畦が足らなくなったので急ぎ畝を作りました。トンネルと緑肥だらけの畑です。午後は孫ちん預かったので遊んでました。

12月25日

昨日は風冷え、今日は底冷えの1日でした。10年以上愛用していたデジカメが壊れてしまいました(トホホ)。
朝べじ太くんに出品したあと隣町の温水プ-ルへ、1時間ロングブレス(懐かしい)しながら歩き走ってると細胞が生き返るのが実感できます。写真は先日撮影した今読んでる本です。脳細胞を生き返らせるには厚い本が一番です。

12月24日

風は少し吹きましたが良い天気でした。失敗が多い中、水菜君が元気に育っています。ただ水菜は単品で出すとあまり売れないのでレタスやリ-フレタスと一緒にサラダセットとして販売します。それだけでは水菜余るので明日は春菊と合わせて鍋セットをためしに出してみようと思います。
ハウスのレタスも終わったので、その場所の土使ってポットの苗土を作りました。

12月23日

あたたかな1日。西の畑の大根、ごぼうが大きくなりません。これまで野菜をほとんど作ってなかったところなので地力がまだ足りないようです。水の逃げ道もしっかり作っていこうと思います。
めげずにリ-フレタスの定植とトンネル掛けしました。発芽もゆっくりになっていますが連結トレイへの種まきは継続です。

12月22日

今日は冬至、明日から昼の時間が長くなってくるかと思うとちょっとうれしいです。
今日は田んぼの藁を集めて肥料袋に入れて作成中の雑草たい肥のシ-トの上に並べました。たい肥のところの保温と春のマルチ代わりに使うためです。午後は雑草自転を眺めてました。写真で見ると雑草はきれいなんですが・・・。

12月21日

底冷えの1日、今日はアグリイノベ-ション大学大宮農場研修日。
畑の作業は来春に向けての作業の時期です。
1.ニンニク追肥
 農場長がいろいろなパタ-ンを試されてます。頭が下がります。
 ①マルチ張ったまま追肥
 ②マルチ取って追肥、中耕。
 ③苗をまっすぐ上に伸ばす工夫
2.スナップエンドウのア-チかけ
 写真のようなア-チ掛けをみんなでやりました。このあとキュウリネットをかぶせて完成です。
3・根菜類の野菜洗い機
 大根、ニンジンには効果抜群。寒いこの時期特にほしくなります。オークションで探してみよう。

12月20日

穏やかな暖かい1日。今日はべじ太くんの大掃除、1年間頑張ってくれたお店をみんなできれいにしました。
午後も暖かく雑草肥料の切り替えし、米ぬかを追加しました。

12月19日

昼前から雨が降り出した冷たい1日でした。
(風を見る)
・風が穏やかに当たる畑の設計はとても大切だそうなので、短い支柱を使った吹き流しをたくさん作って南と西の畑に立てました。ほん10mしか離れてないのに風向きが違ってたり、風の流れが強かったり弱かったり。風邪の強い日にどうなってるかよく見てみます。
(連結ポット定植)
・寒さで発芽もゆっくりなってきました。リ-フレタスと春菊の混植で小さな畦トンネル掛けました。

12月18日

朝結構霧が出ていました。西の畑のごぼうも育成不良、無理なストチュウ散布のせいで葉も黄色くなっています(トホホ)。めげずに午後はゆずの収穫と明日のべじ太くんに出品準備しました。

12月17日

午前中は冷たい雨、最近朝の時間は農業の学びに当ててます。「続・無肥料農業」は今朝読了、たくさんの学びがあります。前作と合わせて冬の間繰り返して読んでいこうと思います。
(実験君)
虫よけスプレ-
・木酢液(本当は竹酢液のほうが良い)50ccにキトサン2gを良く溶かして20-50倍に希釈します。
・ストチュウは虫がついてしまったら効果ないのですが、このスプレ-はキトサンの粘りで虫が呼吸できなくなって駆除もできるそうです。
・早速虫が付きだしたハウスのレタスで試してみました。

12月16日

朝は冷え込みましたが穏やかな1日でした。
昨日の午前中の強風でビニ-ルトンネル2か所捲れてました。
(土は乾くと軽くなる)
・トンネル作るとき湿った土で押さえても、乾くと軽くなって風の力に対抗できません。届いたピンで土がもっていかれたところを補強しました。
(トンネル作り)
・防虫ネットだけの畝、リ-フレタスのところ5か所に上からビニ-ル張ってトンネルにしました。2重構造なので風には強そうです。

12月15日

今日はJA直売所べじ太くんの冬の感謝祭、朝からJAの皆さん、生産者の皆さんで準備してたくさんのお客様にご来店いただきました。皆さんお疲れ様でした。

12月14日

風もなく穏やかな1日でしたが、昨日の忘年会のお酒が残り、戦力外の1日でした。
「還暦過ぎたらはしご酒なんかしない!」と宣言して飲みだしたら結局1軒の店に4時間・・トホホ。
畑は緑肥が順調で、ハウスでは落ちた種から生えたミニトマトが花をつけてます。癒されます。

12月13日

昨日とはうって変わって寒い1日。風邪が無いので助かります。
(混植トンネル栽培)
 ・5列の穴あきマルチの2,4列目にメインのミニ大根。
 ・端の1,5列目に水菜(水菜は他の野菜のリンサン吸収を促進)
 ・中央の3列目は春菊(春菊は防虫効果)
 種まきしてトンネルをかぶせました。
 大根のタネが余ったので割肥をして何も植えてなかった畦に2列種まきをしてトンネル掛けました。成長を比較したいと思います。これから忘年会第2弾!東京に出かけます。

12月12日

12月とは思えない暖かい1日、トンネルの中が暑くならないように換気しました。絶好の畑日和でしたので
・ミックスレタス定植、トンネル掛け
・ジャガイモ畝のマルチはがしと緑肥のアンジェリア種まき
・作物植えてない畝の草刈りと米ぬか散布
など作業がはかどりました。

12月11日

曇りがちですが暖かい1日でした。
無肥料農業に書いてあった雑草たい肥作りにチャレンジです。
冬場は難しいと書いてありましたが一回やっておこうと思いました。
(材料、作り方)
・近くのお稲荷さんから落ち葉、失敗した水菜、レタス、雑草
 にピ-トモス加えて全体の50%
・米ぬか10%
・くんたん5%(ここに油粕5%加えるのですがないのでパス)
・畑の土25%
良くかき混ぜて水を加えてシ-ト掛けて冬なので5か月、時々米ぬか水足しながらかき混ぜていきます。午後はトンネル作りです。

12月10日

朝早く雨が上がり穏やかな1日でした。今まで育苗に使う苗土は市販のもの使っていましたが、実際に植える畑の土を使って苗土作ると環境が似ているので定植するときも良いそうです。
早速作ってみました。
(苗土作り)
・畑の土50%
・ピートモス(苔)20%
・赤玉土20%
・バーミュライト(軽石)5%
・くんたん5%
の比率で混ぜて作ります。土が乾いているときは水を入れますが今日は畑の土は湿っていたのでそのままです。

12月9日

寒い時間に畑で余計なことすると野菜ダメにしてしまうのがわかったので本を読む時間にしてます。今日から無肥料農業の続編を読み始めました。ここに書いてあることを試していこうと思います。
(自家採種)
・作物を病原菌から守る菌を内生菌といい、それは種で遺伝するようです。ですから自家採種するとその土地の環境にあった作物になっていくので自家採種はおすすめのようです。早速オクラの種採りをしました。取った種は瓶に入れて常温保管です。

12月8日

放射冷却の寒い朝でした。今日は有機農業の日、ワ-クショップに参加するために東京農大に行ってきました。パネルディスカッションで三つ豆ファ-ムのヤマキさんがお話になった、
・いざとなったら有機農業やめても良いぐらいに思ってるという しなやかさ。
・転びにくい経営
・有機野菜に価値があるというよりヤマキという人、作っている畑に価値を感じているお客様が支持してくれている。
が心に残りました。

12月6日

太陽が出ないとこの時期やっぱり寒いです。べじ太くんお休みなので朝はゆっくり読書。FBの友達が紹介してた「農業新時代」という本です。
①好きこそものの上手なり
 敬愛する楠木健さんが絶賛している理由がわかりました。
②人生100年
 違うキャリアの経験が人生の可能性を広げてくれるチャンス、我々はそんな時代に生きてるんですね。
*写真2枚目、3枚目の本また読んでみます。

12月5日

朝は冷えるのですぐにハウスに入りたくなってしまいます。イマノハウスはリ-フレタスの育苗、自家用レタスの栽培、レモンぬくぬく生育中です。
液肥で失敗した畦にマルチ張り直してリ-フレタス植え付け準備と連結ポットへの種まきのル-ティ-ンこなしました。

12月4日

朝は冷えましたが穏やかな1日でした。朝、残っていたジャガイモを掘って秋ジャガ終了です。
この前霜柱が立った朝に液肥散布してリ-フレタスダメにしましたが、こかぶも水菜もダメにしてしまいました。冬のストチュウ、液肥は気温が上がってからやると誓いました。カブの葉と水菜は来年の肥料になってもらいます。これから忘年会第1弾です。

12月3日

暖かく穏やかな1日でした。緑肥もまく時期が終わったので、春まで作物作らない場所で天地返しにチャレンジしましたが3mでギブアップしてしまいました。
まず上の土20cm掘って写真の右に集め、その下の20cmを次に掘って写真の左側に集めました。
そのあと枯れ葉や米ぬか、などなどを入れて今度は上の土を最初に戻し、そのあと下の土をかぶせます。疲れないようにゆっくりやります。下の土は見事な粘土でした。

12月2日

朝から雨の1日。寒きなってきたので朝飯前の時間は読書に使うことにしました。今日読み始めたのが無肥料農業の本、面白くて昼前まで通読してしまいました。アグリイノベ-ション大学で石原学長や村山先生の農業技術の基本を学んでいたので結構腹落ちしながら読めました。学びも多かったので実践しながら発信していきたいと思います。

12月1日

今日も寒い朝で、葉物の朝収穫は難しい時期になったなと実感してます。今日は大きくならなかった玉ねぎ苗のかたずけ。耕運してしまおうと思いましたが、もったいないと思い直しソラマメのところに混植しました。そのあとマルチ張って昨日ダメにしてしまったリ-フレタスの定植に備えます。今日の種まきはベビ-リ-フ。上手く芽を出せばうれしいです。

お問い合わせ