2019年6月

6月30日

今日も梅雨本番の1日でした。朝、少しの間雨が止んだ間隙を縫ってミニトマト、ナス、キュウリを収穫、ジャガイモとごぼうと一緒にべじ太くんに出品しました。おかげさまで完売!ジャガイモは自家用を残して出荷終了です。ハウス覗くとゴ-ヤ君が自生してます。しばらくこのまま置いておきます。

6月29日

梅雨寒の1日。小雨交じりの朝、ミニトマト、ナス、キュウリを収穫。26日に緑肥として蒔いたえん麦がもう目を出してました。えん麦は強い。
1・晴耕雨読
 畑に出れないので午前中はこの前買った出口治明さんの本を読みながらウトウト、午後から農業技術検定の勉強をしました。
2・今日の学び
 農業技術の教科書読んでいて一番心に残ったのは、「土作りとは最初の状態からよりよく変化させていくこと。そして表土を肥沃に堆積させていくこと。」継続は力です。

6月28日

台風肩透かしみたいにそれてくれたので勉強の予定変更して畑に出ました。
1・サラダごぼう収穫
 葉を切って耕運機ですぐそばを耕運してさらに土を掘って抜きました。8割ぐらい成功です。
2・ニンジン収穫
雨で土が柔らかくなっていたので収穫しました。写真のような又割れや烈根したものも多かったです。大きさも不揃いですが明日ごぼうとともにべじ太くんに出品します。

6月27日

朝ストチュウ、収穫を済ませて朝から草加に用事があったのでお出かけ。昼過ぎにかえって来ると結構風が出てきました。
1・台風に備える
 ミニトマト芽搔きなどして支柱を補強しました。風に弱いピ-マン、唐辛子はビニ-ルテ-プを巻いてみました。
2・試し掘り
 サラダごぼうの葉っぱがいい感じになってたので試し掘りしました。土が固くて3本中2本折れてしまいました。ごぼうの値段の半分は収獲代かと思います。西の畑の売りも一個ですが初どりできました。

6月26日

天気予報ではこれからが梅雨の本番。畑に入れない日が続きそうなので今日も畑でできることしました。
1・透明マルチでの土壌消毒
 構想ではこの時期畑は野菜の緑であふれているはずでしたが、虫と雑草でやられてしまい、それに対抗するために透明マルチ張りまくってたら畑の半分が透明マルチになってしまいました。今日は外せる時期が来たマルチを外してまた別のところに張り直しました。外した畦にリ-フレタス蒔きました。
2・マイブ-ム緑肥
6月16日に種を蒔いたえん麦結構伸びてきました。雑草に勝ってくれ-!

6月25日

朝から良い天気。収穫、べじ太くんに出品の後も1日畑に出てました。
1・ジャガイモ最終収穫
 明後日から梅雨本格化すると天気予報で言ってたので、残り少なくなったジャガイモを全部収穫しました。マルチを外して耕運機かけて緑肥のえん麦を蒔きました。
2・ポット育苗
 プロ用種まき用土に代えて20日に種を蒔いたキャベツとウリが芽を出しました。また一歩前進です。
3・水菜に再挑戦
 防虫ネットをしっかり張っても虫にやられてダメだった水菜に再挑戦です。今回のポイントは
①穴あきマルチの上に透明マルチを張って土の中の虫を退治した
 畝に種まき
②5条穴マルチ全部に種を蒔くのではなく一つおきに3条蒔き、間の2条の穴に過リン酸石灰を入れる。
③かぶせる土はポットで成功した種まき専用土を使用。
の3点、そのあとしっかり防虫ネット張りました。
3・西の畑も緑肥
 クロ-バ-を緑肥として植えていた場所にさらにえん麦のタネ  を蒔きました。南の畑も種蒔いても発芽の悪いところはえん麦を順次蒔いていってます。マイブ-ムです。

6月24日

朝から雨、ストチュウの散布もできないので7月13日の農業技術検定の勉強に集中しました。
1・過去問
 正解率は45%、とにかく初めて聞く用語が多いので(バ-ナリゼ-ション?、植物ホルモン?)そのたびにパソコンで調べてる状況で効率が悪い悪い。
2・農業技術検定の教科書
本棚に置きっぱなしの教科書引っ張り出したらわからないわかりやすく書かれてました。アグリイノベ-ション大学の皆さんへ
(2級の傾向と対策)
 ・1章の栽培、5章の病害虫、6章の植物整理の4,5,6の項目だけ  勉強すればよいみたいです。土壌や肥料は1級レベル?のようで過去問で出題されてはいません。
3・ごぼう順調
 今日の雨で一気に大きくなったようです。

6月23日

朝から曇りで涼しい1日でした。こんな1日に合う作業をしました。
1・畑はなにも植えていないのが土に一番よくない
 とアグリイノベ-ション大学の授業でまなびましたが果樹を植えた東の畑は果樹以外のところ土がむき出しの状態でした。明日雨の予報なのでえん麦のタネばら蒔いて耕運機で土の中に入れました。レモンもようやく新芽を出しました。
2・えん麦の刈り取り
 なにも作っていなかった西の畑の場所に蒔いたえん麦は枯れてきたので草刈り機で刈り取りました。成長しすぎたのでナスのマルチに使う予定です。

6月22日

今日はアグリイノベ-ション埼玉農場実習の日。息子のお嫁さんのお母さんが新居に遊びに来るというので日の出とともにお土産のヤサイセット作ってから出かけました。畑の西に防風のために植えたひまわりが咲いてました。
1・大宮農場
 今日はジャガイモ収穫、透明マルチ張りでの熱攻撃、と最近畑でやってる作業の復習とナスピ-マンのフラワ-ネット栽培を学びました。いろいろな方法があるんだなと学びになりました。
2・グル-プ課題研究のテ-マ決定
作業の後で埼玉Aチ-ムのテーマを決めるMTをしました。多様な人たちが集まっているのがアグリイノベ-ション大学の魅力。良いテ-マを決めることができました。

6月21日

べじ太くん休みの金曜日の朝はストチュウ散布が日課です。今朝は1週間雨が降ってないので種を蒔いたばかりの畝や、水が好きなナス、ピ-マン、初期育成時期に水が必要な人参に水撒きしました。いい運動になります。
1・ヤングコ-ン
 何年も作物作っていなかったお稲荷さんの畑に緑肥感覚で植えたトウモロコシも育ってきました。一株一果にするために2つ芽の三をヤングコ-ンとして収穫しました。残す実に赤いネットかぶせて虫の侵入を防止します。自家用なのでラフに楽しみます。

6月20日

蒸し暑い1日でした。太陽が出ると汗がどっと出てきます。
1・種まき培養土
 ポットでの育苗の発芽率が何を蒔いても良くなかったのでホ-ムセンタ-でプロ用と書かれた土買ってきました。余りだねのキャベツとウリのタネを蒔いてみました。不織布をかけてその上から防虫ネットかぶせました。
2・今日の直播
 ジャガイモ収穫した西の畑にラディッシュ、透明マルチで土壌消毒した畦にチンゲン菜のタネを蒔きました。

6月19日

梅雨の中休み葉今日も続いています。雑草、虫対策も兼ねた透明マルチでの土壌消毒2週間たったところからマルチ外してリ-フレタスの種まきしていますが、穴あきマルチに蒔いた種の発芽率は悪いようです。この時期暑くなりすぎるのかもしれません。
1・直播ばら蒔き
 ということで今日はリ-フレタスをマルチ張らずに直播して防虫ネットで覆いました。発芽が良くなるか実験君です。
2・優れモノ発見
 葉の裏側についたアブラムシを牛乳を噴霧して退治してますが
 今まで使っていた噴霧器は逆さにするとでなくなり、全む噴霧できませんでした。今日ホ-ムセンタ-で見つけた噴霧器は中の管が自由に動くので逆さにしてもきちんと噴霧できます。税抜き528円とお買い得です。

6月18日

梅雨の中休みが続きます。
1・孫ちんが引っ越してきました。
 早速涼しい作業場でお昼寝。ゆっくり慣れて行ってくれればと思います。
2・端境期
 主力のサラダセットが数作れないのでミニトマトやナス、ジャガイモを少量ですが収穫できた分をべじ太くんに出品してしのいでます。あとは透明マルチでの熱攻撃、2週間たったところにサラダセット用野菜の種まきの繰り返しです。なかなか芽を出してくれないのが悩みです。

6月17日

朝から北風が強く吹きました。田んぼの稲の揺れる風景はジブリのアニメのようでした。
1・草と戦う日々
 透明マルチで熱攻撃していないところはすぐに雑草だらけになります。一度抜いても雨が降るとまた根付いて復活、ほんと厄介です。耕運機が入れない狭いところはホ-という農機具と手でむしります。むしったら透明マルチの上に捨てます。
2・西の畑
クロ-バ-を緑肥として植えていたところを除草かねて耕運機で耕しました。この後えん麦を蒔く予定です。

6月16日

昨日と代わって風も気持ちよい晴れの日でした。べじ太くんに出品するものも少なくなって玉ねぎは今日が最終出品でした。ジャガイモや大葉で繋いでいます。
1・抑制栽培に挑戦。
 透明マルチで熱攻撃してた場所に
 ①枝豆は黒マルチを敷いて枝豆
 ②ズッキ-ニは透明マルチに穴を開けて種まき
 をしてみました。無事発芽することを祈ってます。
これからも熱攻撃の終わった畦で遅蒔きを試していきたいと思います。

6月15日

今日はべじ太くんの感謝祭!雨でイベントなど一部中止になったものもありましたがたくさんのお客様に来店いただきました。お手伝いしたスイカやメロンが当たるガラポンも大好評でした。

6月14日

今日はべじ太くんお休み。朝米ぬか主体のぼかし肥作りに挑戦しました。防虫ネットをしてても葉物が虫にやられてしまうのは、元肥に米ぬか使ったから?という仮説を立てて発酵させた後に元肥として入れたらいいのではと思ったからです。
1・ぼかしの作り方
 ・米ぬか3に対して鶏糞1.5、牡蠣殻石灰とぼかし肥を少しずつ
 ・良く混ぜた後水を8L、少しずつ入れてこねていきます。気分  は蕎麦職人です。
 ・肥料袋に入れて空気を抜いて縛ります。
 ・日の当たらない場所に保管、秋野菜の時には使えます。

6月13日

久々の晴、朝からストチュウを散布してたらスイカが大きくなっていました。
1・しばらく作物作っていなかった畑に緑肥
 11月に雑草を刈り取り、米ぬか、石灰蒔いて準備した畑ですが、畑に雑草のタネが大量に残っていたのでスギナやイネ科の雑草が後からあとから生えてきて野菜が負けてしまいます。えん麦を仕入れて種を蒔いて草刈りかねて耕運機かけました。
2・今日も熱攻撃
5月末にかけた透明マルチを外してサニ-レタスのタネをまき、ソノビニ-ルシ-トを虫にやられた畦にかけました。すぐに表面温度が45度になりました。

6月12日

明日は晴れて暑くなる様なので、草刈りした後透明マルチ50m1本分張りました。この時期緑にあふれる畑をイメ-ジしてましたが白のほうが多いくらいです。
1・千葉農場で学んだ透明マルチ張りの効率化
一番上の写真の右側が透明マルチ、左側が今回透明マルチを張りたい畦です。左側をめくって、右側を軸にして反対側に持っていきます。簡単に張れます(写真2番目)。
2・実験君
 透明マルチをはがした場所に畝立ててリ-フレタスのタネを蒔きました(3番目の写真)この後不織布、べた掛けシ-トをかけて
発芽を促し、防虫対策しました。雑草の生え方がどうなるのか見たいと思います。

6月11日

朝雨が上がっていたので収穫、べじ太くんに出品しました。初出品の辛味大根はおかげさまで完売しました。(数少なかったです。)
1・ニンジン間引き
 雨の後なので楽に引っこ抜くことができました。西と東の間引き、ニンジン畝の草取り、過リン酸を肥料として与えました。

6月10日

梅雨らしい1日ほとんど家の中で過ごしました。
1・農業技術検定2級の勉強
 7月13日に試験受けます。アグリイノベ-ション大学で受験の斡旋があったのですが夏野菜の植え付けにかまけて申し込み忘れてしまったので個人で申し込みました。過去問買ってやってみたら知らないことばかり。これから1月間雨の日はこの勉強をしっかりやります。
2・グル-プ共同研究の発散
 昨日の授業で7月からのグル-プ研究を何にするか6月30日までにグル-プで決めることになりました。埼玉Aグル-プは22日の実習の後決めることにしました。アイデアの発散と決め方などをメモにしてアグリイノベ-ション大学の掲示版に投稿しました。埼玉Aグル-プの方々見てください。

6月9日

梅雨寒の1日でした。いつも通り収穫、べじ太くんに出品したあとアグリイノベ-ション大学の授業がある東京農大にでかけました。
1・植物は植え方がとても大事
 土作りが今日のテ-マでしたが、それより正しい植え方しているかで植物の成長は全然違ってくるというお話が印象に残りました。
2・土は何でできている?
農業はサイエンスだと思いました。農業技術の授業は今回で4回目、初めて聞く話ばかりで頭がスト-ムしっぱなしですが、少しずつ土の団粒構造のようにくっついていくのが楽しいです。
3・今週はたい肥作りに再チャレンジ
雨でどうなるかわかりませんが、今週はたい肥作りをテ-マにしたいと思います。

6月8日

今日はアグリイノベ-ション大学大宮農場で実習。家庭菜園を楽しんでる方に参考になりそうな学びをご紹介します。
1・アリの巣退治
 農薬を使わない場合、砂糖4、重曹6の割合で混ぜてアリの 通り道や酢の周辺に蒔いておくとアリが砂糖と一緒に重曹を持ち帰って退治できます。ただし即効性はありません。
2・下葉処理は大事(トマト、ナス、キュウリ、ズッキ-ニ)
 下のほうの葉は上の葉に隠れてしまうと光合成をおこなえません。呼吸はしますのでエネルギ-は消費します。風通しを良くする効果もありますのでこまめに下葉を取っていきましょう。
(注意点)
①なるべく晴れた日に行う。下葉を取ることは植物に傷をつけるのだからすぐに乾く環境で行う。雨の日は絶対しない。雨からウイルスが侵入する。人間の切り傷と一緒。
②一本の植物で1回に取る葉は2-3枚にする。それ以上やると植物が弱る。これも人間と一緒。
3・アブラムシ対策
よしぜん農園では事前予防としてストチュウ散布、アブラムシが付いたら牛乳一発で退治してますがその他の方法として
①雨には弱いので水を強く吹きかける。
②植物が弱ってると付きやすいのでミネラルを含んだ液肥を適時散布する。
明日は東京農大で農業技術の座学、頑張ります。

6月7日

天気予報より早く11時には降り出しました。水利組合の当番、ストチュウ散布、草取りを奪取で行いました。
1・カボチャは順調
 受粉作業もやりました。エビスと白カボチャの2種類作っています。写真は一番生育の良いものです。
2・よしぜんカラスと戦う
 虫と草と戦っていたらナスがカラスにつつかれてました。カラスはちょっと突いては別のナスをまた突きます。失敗した水菜とラディッシュにb使っていた防虫ネットをナスのウネの間にひきました。効果があればいいのですが。

6月6日

朝水利組合の当番、サラダセットとナスの収穫とべじ太くんに出品し終わったらかなりの暑さになってました。
1・週末雨予報
 天日干ししてた玉ねぎを作業場など雨に当たらないところに移動させました。雨が降ったら紐で結んでつるし干しします。タマネギは茎の根元を締めることで長持ちします。
 ジャガイモは週末出品分を収穫して日陰に置きました。
2・べじ太くん全体会議
 15時からの全体会で秋野菜の研修などやってくれました。ズッキ-ニの一番おいしいのは20cmぐらいだそうです。生産者はつい大きくなったものを出荷したがりますが味が落ちるのでリピ-タ-がつかないなどたくさんの学びがありました。

6月5日

朝の仕事が一つ増えました。水利組合の当番で今日から5日間3か所のポンプ小屋を廻りポンプのスイッチ入れたり切ったりします。今日は4時30分にスタ-ト。
1・虫との闘いは続く
 防虫ネットしていた畦は大丈夫だろうと思っていましたが
 開けたら虫にやられてました。3か所のレタス廃棄しました。週末雨降ったら透明マルチで熱攻撃です。
2・インカの目覚め(ジャガイモ)
 明日のべじ太くんに出品するために収穫していたらハ-ト型にくっついたジャガイモ発見!
3・玉ねぎ最後の収穫
 マルチせずに露地で育てた玉ねぎは結構うまくできました。雑草の中に隠れていた玉ねぎを収穫したあと雑草を刈り取って畦を作りました。こちらも週末雨降ったらそのあと熱攻撃です。

6月4日

蒸し暑い1日今日も虫との闘いは続きます。
1・虫がついた畝はさっさとあきらめる。
  刈り取ってしまったほうが被害は拡大しないので2畝刈り取ってしまいました。
2・芽を出したリ-フレタスの虫対策。
 保温べた掛けが全部師匠中のため90cm幅の畝に1m50cmの不 織布かけて侵入を防ぎます。これに週2回のストチュウで防ぐ予定です。
3・とうもろこし、ごぼうは順調です。

6月3日

雑草と害虫との闘いは続きます。
1・ホワイトマルチの熱攻撃
 ポイントをまとめておきます。
 ①マルチをかける前に水を撒いておくほうが効果が出る。
 ②マルチは10日間から2週間張っておく。
 *今日午前中張ったマルチの上の温度は曇り空でも40℃になりま      した。晴れたら55度ぐらいになります。
2・ホワイトマルチを外した畦にリ-フレタスのタネを蒔きました。5穴マルチを張って発芽までは不織布、収穫まで保温材のベタ掛けという基本をしっかりやることが大切かと思います。ベタ掛けしてたリーフレタスにはほとんど虫がついてません。どう育つか雑草は抑えられるのかはまた報告します。

6月2日

この時期になると雑草ともに虫との闘いです。水菜などは防虫ネットしていてもやられてしまいます。サニ-レタスも取り遅れると被害が出ます。そんな時はさっさとあきらめて透明マルチの熱攻撃に賭けます。
嬉しい来園者ありました。
ブログを見たご家族が来園されました。ジャガイモやニンジンをためし採りしたりして楽しいひとときとなりました。無農薬に理解していただける方から元気もらいました。

お問い合わせ